【変動費の節約】日用品は在庫リストで時短管理&月1回のまとめ買い

スポンサーリンク

我が家はついで買いが多かったので、買い物そのものの回数を減らすためまとめ買いをするようになり、それから出費が抑えられるようになりました。

日用品は月に1回まとめて買います。

 

ゆずすけ
ウエル活だったり、マツキヨだったりその時によって変わります!

なくなったら都度買いに行くわけではないので、必要なストック数を把握し購入することが必要になってきます。

そこで、在庫リストを作って月に1回在庫をチェック!

その表を持ってお買い物に行くというわけです。

▼こんな感じの表を作ってます▼

こうすると買い漏らしがなく、途中で買い足す手間も省けるのでオススメです。

では、どのように在庫リストを作って管理しているのか、買い物までの流れとともにご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

在庫リストを作る手順と買い物までの流れ

日用品はトイレットペーパーやティッシュ、洗剤など日々使う消耗品とします。

 いつも使っているものの必要ストック数を把握する

まずは家中で使っている購入頻度の高い日用品(消耗品)をチェックしましょう。

だいたい月にいくつくらい必要なのかストックも同時に考えます。

我が家では、使っているもの+ストックを1つ置いておくことにしています。

在庫の目安は大体こんな感じ。

ラップ2
アルミホイル1
クッキングシート1
ジップロック1
食器洗い洗剤(大)1
食洗機用洗剤1
排水溝ネット1
キッチン手洗い1
ハイター1
ゴミ袋1
ボディーソープ2
シャンプー(夫)1
マジックリン1
カビキラー1
オキシクリーン1
歯ブラシ(大人・子供)1袋
歯磨き粉1
フロス1袋
洗濯洗剤2
柔軟剤2
おしゃれ着用洗剤1
ハンドソープ2
ナプキン類 昼・夜各2
サニタリーゴミ袋1
オムツ消臭袋1
トイレのルック1
アルコールスプレー1
ティッシュ 5パック
トイレットペーパー2
おむつ1

1は使っているものが半分を切ったら、2は使っているもの+ストック1つという感じです。

私は紙派なのでワードで表を作ってプリントアウトしていますが、スマホのメモでもいいですね!

使う場所ごとに分けてまとめる

上の表を見てもらうと分かる通り、使う場所ごとにアイテムを仕分けています。

キッチン、バス・洗面、トイレ、その他(季節用品、化粧品)に分類すると、在庫チェックをするときにラクになりますよ!

収納する場所もなるべく1箇所にまとめるようにしておきます。

そうすると必然的に収納スペースも整とんされますよ~

月に1度買い出しの日を決める

在庫管理表を作ったら、次は買い出しの日を決めます。

我が家はウエルシアデーに合わせて毎月20日を目安としています。

>>【ウエル活】ウエルシアお客様感謝デーで日用品をお得に購入しよう!

毎月同じくらいの日にちにしておくと、なくなるペースが一定になってくるのでストックの管理がしやすいです!

在庫リストを見てストックを確認する

買い出しの数日前にストックを確認しながら、在庫リストに記入していきます。

私は紙の方が好きなので、紙でしていますが、面倒ならスマホのメモに入力してもOK!

月に一度この作業をすればいいだけなので苦ではありません。

15分もあれば完了します!

とっても時短!

まとめ

在庫リストを作るのは一見手間にも思えますが、一度やってしまえばあとは毎月同じことを淡々と繰り返すだけです。

手間を惜しまなければ節約はできます!

ぜひ取り入れてみてくださいね(*^^*)

スポンサーリンク
\他にもこんな記事はいかがですか?/


ブログランキングに参加しています。
記事が役にたったらポチっと応援おねがいします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
節約・貯蓄ランキング

ABOUTこの記事をかいた人

30代専業主婦です。 東京郊外のマンションに40代会社員夫(年収600万円台)と2015年生まれ一人息子の3人で暮らしています。 ママが気になる暮らしの話題をリアル体験を交えてお伝えしていきます!