ファミリー向け冷蔵庫の購入は7~9月が狙い目!【家電買替え計画】

スポンサーリンク

こんにちは。
ゆずすけ(@yuzusukexl2)です。

皆さん、家電にも入れ替え時期があるってことをご存知でしたか?

家電の種類にもよりますが、壊れてから慌てて買う方が多いことと思います。

「でも使えるし、勿体無い…」

我が家も例に漏れず。
まだ壊れているわけではないのですが、8年以上使った冷蔵庫。
夫婦二人の時に買ったので小さめだし、冷えが若干悪くなっていました。

うだうだ悩みながら、いろいろ調べてみると、出てくる「家電は入れ替え時期が底値」という文字。

ん?と思いつつ、先日(7月上旬)、実際に冷蔵庫を買い替えてきました。
店員さんに聞いた話も交えつつ、実体験をお話しようと思います。

店舗に足を運んだのは

  • 平日の日中
  • 雨の日
  • 近隣に数店舗競合店がある地域

という条件でした。
これらを踏まえてお読みいただけたらな、と思います(*^^*)

スポンサーリンク

冷蔵庫の入れ替え時期はいつ?

冷蔵庫は、一年に一回モデルチェンジをします。
そのため、新製品が出てくると旧モデルはいわゆる「型落ち」状態となります。

新製品が出てくる時期が10~11月。

新製品といっても、性能自体はそこまで変わらないそうなのですが、どうしたって人は「新しいもの」の方が好きですから、お店としては旧モデルは売りにくくなってしまいますよね。

ということは、旧モデルの在庫を売り切ってしまいたいわけです。

この在庫を売り切るためのセールが、発売の大体2か月前。
ボーナスが出た後の7月から新製品が出てくる9月末頃までにあるわけです。

お店側は在庫を抱えたくないわけですから、交渉次第では大幅値引きも可能です!

冷蔵庫を買う前にチェック

買い換えることを決めたら、下調べは入念に行って下さい。
冷蔵庫はファミリー向けともなると、とても大きくて、高額なものなのでなるべく後悔がないように。

チェック1 幅、奥行き、高さ

まず、冷蔵庫を置くスペースを採寸して、メモしておきます。
当たり前ですが、スペース以上のものは置けません。

冷蔵庫は排熱などの関係から、上部5cm以上、前後左右5mmくらいの余裕があると良いそうです。

参考>>冷蔵庫の設置について|Panasonic

搬送経路なども考え、冷蔵庫の大きさプラス10cmが通れるか確認が必要です。
特に玄関や、部屋の中の廊下は注意してください。

チェック2 ドアの開き方

冷蔵庫のドアの開き方には4パターンあります。

  • 右開き(左側に壁がある場合は不向き)
  • 左開き(右側に壁がある場合は不向き)
  • 観音開き(フレンチタイプともいう。冷気が逃げにくい)
  • 両開き(右からも左からも開くタイプ)

お引越しが多い方には、置く場所を選ばない観音開きや両開きがおすすめです。

チェック3 容量

家族の人数を目安に考えます。

一般的には「家族の人数×70L+常備用100L+予備70L」と考えるようです。
家族が増える予定があるなら、少し余裕を持って考えると良さそうです。

  • 300~350L(2人家族)
  • 350~400L(3人家族)
  • 450~500L(4人家族)

我が家は、3人家族で今後増える予定もないので、400L前後が理想。

参考>>価格.com-冷蔵庫・冷凍庫の選び方ガイド

チェック4 予算を決める

これ意外に大事です!
予算を決めておかないと値引き交渉もできません。

でも、冷蔵庫の相場ってどのくらい…?

そんな時は、価格.comが便利です。

売れ筋の商品や、メーカー、最安値がすぐにわかります。
また、発売日も書かれているので参考に見てみて下さい。

2018年7月現在、ほとんどが昨年秋以降の発売日になっています。

また、価格を控えておけば、実際に値引き交渉するときにも役立つと思います。

スポンサーリンク

実際に購入してみた

事前の下調べで決めた項目は

・幅60cm、奥行き、高さはこだわらず。
・容量は400前後
・右開き
・省エネタイプが良い
・冷凍庫は深めを希望!
・予算は14万円

これらを踏まえて、店舗に実物と価格をチェックしに行きました。

主人は仕事、息子は幼稚園だったので、私一人で。
ちなみに主人には「冷蔵庫替えようと思う~」とだけ話してありました。

ゆずすけ
うーん予算…よりちょっぴり高め。

と、ブツブツ言いながら見ていると、店員さんが声をかけてくれました。

そして、いろいろ話を聞き、こちらからお願いしていないのに値引きをし始めてくれました!

やったヽ(`▽´)/(ガッツポーズ)

展示価格15万8千円(税抜き)から1万円と消費税分を下げてくれましたが、まだ若干予算オーバー。
主人に相談してから出直すか、迷ったのですが…

「14万まで下げてくれたら今買うか決めます!」

と言ったら、「少々お待ち下さい」と言って何やら確認をしに行かれました。

戻ってこられると「今、買うと決めてくれるなら14万でOKです!」との返答。

もちろん「買います!」と即答。

ちょっとドキドキしましたが、値下げ交渉成立です!

支払いは、楽天カードで行い、後日1%還元。
1400円分のポイントが付きます。
さらに、Tポイントが付くお店だったので600Pもゲットしました!

配送料+リサイクル料で5000円ほどかかるので、もう少し交渉を頑張りたかったところではありますが、3万円も値引きされたので大満足。

前にも利用したことがある店舗で「あんしん保証」にも加入していたので、無料で10年の保証がつきました(*^^*)

ちなみに購入したのはMITSUBISHI MR-B46-Cです。

年間電気代が約6000円。
今家にあるものより大きくなりますが、電気代はおそらく安くなると思います。

夫へは事後報告でしたが、「安く買えたよ~」というと関心されました(笑)

店員さんの話

店員さんに聞いたお話をまとめておきます。

  • 家電は10年くらいが寿命
  • 400Lサイズが一番省エネ
  • 真ん中野菜室タイプが年配の方に人気
  • 今(7月くらい)なら在庫があるから色が選べる
  • この先、入荷待ちや販売終了になることもありうる
  • ポップが目立っているもの、目玉品はお買い得(店側が売りたい)

メーカーと機種、色にこだわりがある方は早めに購入するのが良さそうですね。
こだわらない、という方は9月に向かうにつれてどんどん値段が下がると思うので、もう少し待ってみてもいいかもしれません。

そして、しきりに「せっかく雨の日に来てくださったので」と言われたので、”雨の日に買いに行く”は1つのポイントだと思います!

あと、自分から声をかけるより、店員さんから声を掛けてくれたときのほうが値引き交渉はしやすいと思いました。

注意が必要なこと

1つ気をつけて欲しいのが、配送日

今回、お伝えした冷蔵庫のおすすめの購入時期は「真夏」です。

引っ越しの経験がある方ならおわかりかと思いますが、冷蔵庫は電源を入れてから3~4時間経たないと冷えません。
冷蔵庫(特に冷凍庫)の中身を最低3~4時間外に出しておく必要があるので、そのことを考えて配送日を選びましょう。

また、配送日までになるべく冷蔵庫の中身を減らしておくようにしましょう。

まとめ:計画的に買い替えて少しでも得しよう

いかがでしたか?

冷蔵庫の買い替え時について、私が実際に体験したお話でした。

突然家電が壊れて、急な出費で貯金を切り崩すよりは、耐用年数と買い替え時を頭に入れて、少しでもお得に購入できたらいいですよね。

これは余談ですが、7月上旬の時点で「ドラム式洗濯機はちょうど入れ替えが終わったところ」と話されていました。
ということは4~6月頃が入れ替えの時期ということですね。

来年は洗濯機を買い換えようと思っているので、積立をしっかりしておこうと思います!
(洗濯機は我が家にお迎えして、来年10年を迎えます…)

 

スポンサーリンク
\他にもこんな記事はいかがですか?/


ブログランキングに参加しています。
記事が役にたったらポチっと応援おねがいします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
節約・貯蓄ランキング

ABOUTこの記事をかいた人

30代専業主婦です。 東京郊外のマンションに40代会社員夫(年収600万円台)と2015年生まれ一人息子の3人で暮らしています。 ママが気になる暮らしの話題をリアル体験を交えてお伝えしていきます!